健康食品やサプリメント

中性脂肪を減らすカンタンレシピを考えよう

中性脂肪を減らすための食事をするなら合言葉は「魚・野菜・海藻・きのこ」。
この4つの食材をメインにしてバランスのよい食生活をしましょう。
でも、メインにするからと言ってそればかりとっていてはいけません。
「じゃあどうしたらいいのよ」と困ってしまったら農林水産省が推奨してい
る「食事バランスガイド」を参考にしてみましょう。

 

 「食事バランスガイド」はコマの形をしていて、1日の食生活に必要なエネルギ
ー量を具体的な料理で示しています。簡単で分かりやすい料理なので、
食材を置きかえることも簡単です。

 

コマは上から4段に分かれています。一番上の部分は「主食」。ご飯やパン
、麺類といった炭水化物が書かれています。ちなみに1日に必要なご飯の
量は茶碗に中盛で4杯程度。中性脂肪が多い人はおそらく「これじゃ足り
な〜い」と思うでしょ(笑)。でも、これが適量です。

 

2段目は「副菜」。野菜、いも、きのこ、海藻類を使った料理が書かれています。
煮物やサラダ、お味噌汁、お浸しといったビタミンや食物繊維、ミネラルをたっぷり取りましょう。

 

3段目は「主菜」。肉、魚のほかに卵や大豆製品も含まれます。
うっかりすると2段目と3段目がひっくり返ってしまいますが、これではいけません。
いびつなコマになってしまいます。主菜は副菜あってこそ。これを忘れないようにしましょう。

 

一番下の4段目はさらに2つに分かれます。ひとつは牛乳と乳製品。もうひとつは果物です。
コマの1番上では軸の周りをジョギングをしている人がいます。

 

コマを回し続ける動力になっているのがこの人。つまり、この人がジョギングをや
めてしまうとコマが回らなくなってしまうのです。食事のことに気を取られて運動
を忘れてはいけません。コマに書かれているだけのエネルギーをとったら運動を
して、エネルギーを燃焼させなければ健康になれないのです。

 

コマになくてはならない軸。この部分は水分です。生きていくのに水分は必要
不可欠ですからね。
ちなみにお菓子やジュースといった嗜好品はコマを回すひもになっています。

 

1日200キロカロリーなら許容範囲だそう。まったく食べないで我慢をしていた
ら逆にイライラがつのって精神的によくないので、「楽しく適量に」をモットーにとっても良いとされています。